画像:市民大学ロゴ
2017.6.28更新 NEW

市民大学「古典芸能のいろは2」 日程変更のお知らせ

第9回(7月31日)は講師都合により休講とさせていただきます。第9回と第10回の振替日は下記の通りです。休講に伴い、カリキュラム内容も順次スライドいたします。

変更前
第9回 7月31日(月) 河竹黙阿弥の世界1
第10回 8月7日(月) 河竹黙阿弥の世界2
変更後
第9回 8月7日(月) 河竹黙阿弥の世界1
第10回 9月4日(月) 河竹黙阿弥の世界2

1回だけ受講してみたい方(聴講生対象講座)

聴講生対象講座
  • 5.「今」を生きるための終活
  • 7.歴史遺産を歩く3
  • 9.本質から理解する放射線
  • 12.西洋美術に見る死生観の歴史
  • 13.井伊直虎とその時代
  • 18.古典芸能のいろは2
  • 19.風俗画と江戸の浮世絵

聴講生制度

対象講座の希望回当日のみ聴講することができる制度です!受けたい回のみ聴講可能。

  1. 生涯学習センター4階受付にて「希望講座、氏名、電話番号(受講カードをお持ちの方はカード番号と氏名)」を用紙に記入。当日参加の聴講料として600円をお支払い
  2. 「領収書・聴講生プレート・アンケート」を受け取り会場へ
  3. 会場内の職員に「聴講生プレート」を提示し入場
  4. 講座終了後、「聴講生プレート」を職員に返却
受付方法 対象講座の講座当日、4階受付にてお申込ください(先着順)。
※講座日程は募集要領等でご確認ください
受付時間 講座開始30分前~講座開始まで
聴講料 600円(1回あたり)/当日徴収 ※聴講料の返金はできません
注意事項 日程・内容等は急きょ、変更になる場合があります

追加で申し込みたい方

前期講座追加募集一覧

締切後でも、今から申し込みたい方は、以下の講座が申し込み可能!!■講座名をクリックすると詳細表示



1
調べて伝える横須賀の自然(昆虫・植物)研究コースFWあり

デジカメで調べる身近な虫と花   【横須賀市自然・人文博物館協力講座】

虫たちや花々を撮りながら身近な自然を調べる講座です。グループ内で協力・議論しながら、デジカメ写真の撮り方、パソコンでの分類・整理の仕方、結果のまとめや発表の方法などを学び、私たちが暮らす身近な自然の<今>に迫りましょう。

            
講師 ※敬称略
  • 内舩 俊樹(横須賀市自然・人文博物館 学芸員)
  • 山本 薫(横須賀市自然・人文博物館 学芸員)
時間 10:00-12:00
受講料 4,500円(全8回分・FW保険料含む)
定員 20人(抽選)
会場 生涯学習センター(まなびかん)他
メモ 【FW】の見学先は、見学先の都合により急きょ変更する場合があります 【FW】を含む講座では、不慮の事故に備え、傷害保険の加入が必須です(保険料は受講料に含みます)  ※手続きは、事務局が一括しておこないます 【FW】での交通費・入館料などは別途自己負担です 【FW】の実施時間は、通常の講座時間と異なる場合があります 【FW】デジカメ(デジタルカメラ:コンパクトデジカメのほかデジタル一眼やスマートフォンのカメラも可)を使用します。また、気軽に撮影できる程度にカメラを使えるようご準備ください。なお、写真の分類・整理法ではパソコンを用いた方法を紹介しますが、パソコンを持参する必要はありません。
目的 デジカメ写真を通じて身近な昆虫や植物について調べ、ポスター発表を通じて横須賀の自然を考えることを目的とします。
学習成果の発表 撮影しながら調べた身近な自然を「撮り歩きマップ」にまとめ、最終回で発表予定。生涯学習センターや博物館で展示予定です。
おススメ情報 身近な自然は、一見、同じように見えても実際に探ってみると違う点が見えてきます。デジカメを使って、虫や花を撮影し、自然を体感してみましょう。
                                 
1 07/06(木) 横須賀の自然を調べる(意義と主な方法)
2 07/13(木) 【FW】実地で様々な昆虫・植物の観察と撮影
3 07/20(木) パソコンによるデータの分類・整理法
4 08/10(木) 【FW】 一つのフィールドをグループで調査する
5 08/31(木) 植物や昆虫を調べる
6 09/14(木) 調査データのまとめ方(1)(グループでの調査を例に)
7 09/28(木) 調査データのまとめ方(2)(発表の準備)
8 10/12(木) 調査結果の発表とまとめ
予備日:7/14(金)、8/17(木)
3
どうする!?老いと孤立と支えあい研究コース講義

「迷惑を掛けたくない」という前に

現代社会は無縁社会といい、同時に少子高齢時代を迎えています。いまや家族も地域も、その「縁」は希薄となり、近年では身近に孤独死なども起きています。そこで本講座では老いの暮らしが「孤立しない」「孤独させない」ため、自らは、周囲は、何をどうしたらいいのか!? また「支えあう」とは何か、を皆さんと一緒に考えていきます。

                            
講師 ※敬称略 山口 道宏(星槎大学 教授)
時間 13:30-15:30
受講料 3,060円(全6回分)
定員 30人(抽選)
会場 生涯学習センター(まなびかん)
メモ ■テキスト:『無縁介護-単身高齢社会の老い・孤立・貧困』(山口道弘 現代書館 1600円+税 ※3/1時点 ISBN:978-4768435205) ※講師協力のもと、市価より安い価格で購入可能であるため、講座初回(7/13)に会場で有料頒布します。
目的 孤独死など高齢化社会のシニアが直面する現代社会の問題と向き合い、周りの人間が何をしてあげられるのか何をすべきなのか考え、ボランティアを通して地域コミュニティの力の向上となることを目的とします。
学習成果の発表 第5回のグループ討議をもとに、自身の考えをまとめ、レポートを作成します。
おススメ情報 現代では地域で孤立している高齢者が増えています。周囲がどう行動し、支えあっていくか考えてみましょう。
1 07/13(木) 少子高齢時代と単身化と無縁社会
2 07/27(木) サザエさんは、もういない?
3 08/10(木) 「迷惑を掛けたくない」という前に
4 08/31(木) 孤立しない 孤立させない
5 09/14(木) グループ討論・事例研究2題からこんなとき、あなたはどうする!?
(1)「虐待」をみたとき、きいたとき。(2)「寝たきりだけど、孫の結婚式に出たいのです」
6 09/28(木) まとめ  「繋がる」と「繋げる」とは
予備日:10/5(木)
5
「今」を生きるための終活一般コース / 課題解決分野

終活ブームでエンディングノートや遺言を書いたりしていますが、大事なことは自分の人生をどのように生き抜くか設計図を作り、修正や書き込みをしながら人生を楽しむことです。自分らしく生きるために必要な終活と再認識し、そのための基礎知識を学びます。

講師 ※敬称略 井上 康子 (社会福祉士/ファイナンシャル・プランナー)
時間 10:00-12:00
受講料 3,570円 (全7回分)
定員 80人(抽選)
会場 生涯学習センター(まなびかん)
目的 自分らしく、「今」を生きるための終活であることを再認識することを目的とします。
おススメ情報 最期の準備をするだけが終活ではありません。「今」を自分らしく生きるための人生設計をしてみましょう。
1 06/03(土) 人生設計の基礎 (自分の棚卸しとは)
2 06/17(土) 保障設計の基本 (公的保障の活用)
3 07/01(土) 金融資産の構成 (ニーサ・フィンテックなど)
4 07/15(土) 住まいの資産価値 (評価方法)
5 09/02(土) 相続人の調査 (生前贈与と遺言)
6 09/16(土) 成年後見制度の活用 (高齢者認知症・障害者)
7 10/07(土) 自分らしい幕引き (身辺整理)
予備日:10/21(土)

up

7
歴史遺産を歩く3一般コース / 課題解決分野講義

歴史を生かしたまちづくりと観光

全国各地でその土地固有の歴史的集落や町並み等の地域遺産を大切に保存し地域活性化の核として生かしたまちづくりや観光に発展しています。主役は市民。そして行政、専門家、関係団体、企業等が力を合わせて推進しています。地域に快適な住環境や観光振興をもたらしアイデンティティ溢れる元気な町に続々と成長しているのです。合言葉は「プライド オブ プレイス」。魅力満載、歴史のまち探訪に出かけ、地域の歴史、生活、文化に触れてみましょう。

講師 ※敬称略 米山 淳一(公益社団法人横浜歴史資産調査会 常務理事)
時間 10:00-12:00
受講料 5,100円(全10回分)
定員 80人(抽選)
会場 生涯学習センター(まなびかん)
目的 歴史を生かしたまちづくりと観光を実践している事例を学び地域活性化の感性を磨くことを目的とします。
おススメ情報 自分たちのまちをみつめるには他都市の事例を見ることが重要です。日本全国を眺め、それぞれの歴史や生活などに触れましょう。
1 05/30(火) アーバンデザイン・横浜の歴史を生かしたまちづくり 
2 06/06(火) 新庄(山形県)の養蚕遺産と増田(秋田県)の内蔵文化
3 06/20(火) 大聖寺の町並みと船主集落。橋立の町並み(石川県) 
4 06/27(火) 北国街道 今庄宿と敦賀の歴史的町並み(福井県)
5 07/11(火) 若狭街道の起点 城下町小浜と熊川宿(福井県)
6 07/18(火) 因幡街道 若桜の町並みと若桜鉄道の近代化遺産(鳥取県)
7 08/01(火) 出雲街道 津山の町並みと旧津山機関車庫の歴史的車両(岡山県)
8 08/08(火) うだつの町並み 阿波池田、貞光、脇町(徳島県)
9 09/05(火) 廻船業で繁栄した 美々津の町並み(宮崎県)
10 09/12(火) 薩摩の武家屋敷 麓集落の魅力 出水と知覧(鹿児島県)
予備日:09/26(火)、10/3(火)
9
本質から理解する放射線一般コース / よこすか学分野講義

基礎と実習を通して学ぶ原子力災害

医療から工業的な利用まで、今や私たちの日常生活に欠かすことのできない放射線。本講座では、2011年に起きた原子力災害以降に三浦半島で実測した放射線データの解説を交えつつ、放射線の本質と放射線防護の考え方について学びます。

講師 ※敬称略 松村 徹(防衛大学校 講師)
時間 10:00-12:00
受講料 4,080円(全8回分)
定員 80人(抽選)
会場 生涯学習センター(まなびかん)
目的 「なぜ放射線が発生するのか?」 その本質から学び、放射線と原子力災害のリスクを科学的に考えるために必要な知識を身につけることを目的とします。
おススメ情報 放射線を単に怖がるだけでは、非常時に何もできません。正しい知識を持ちましょう。初めて受講される方にも分かりやすく説明します。
1 06/01(木) まずは基礎から ~原子核のはなし
2 06/08(木) 放射線の性質(1) ~霧箱でみるアルファ線~
3 06/15(木) 放射線の性質(2) ~生活に役立つ放射線~
4 06/29(木) 放射線を はかってみる(実習)
5 07/06(木) 放射線の人体への影響 と 放射線防護の考え方
6 07/13(木) 原子力発電の仕組み ~核分裂と連鎖反応~
7 07/20(木) 原子力災害 ~過去の事例からの教訓~
8 07/27(木) 福島第一原発事故による三浦半島への影響
予備日:7/28(金)
10
魅力再発見!横須賀の文化財一般コース / よこすか学分野講義

今知りたい最新の横須賀文化財学

文化財ってお宝のこと?何が文化財でどれが文化財じゃないの?今まで知っているようで知らなかった文化財、新たな発見でわかった、こんな評価に変わった、等々、横須賀の新文化財学を学んでみませんか。

講師 ※敬称略
  • 瀬谷 貴之(神奈川県立金沢文庫 主任学芸員)
  • 安室 知 (神奈川大学大学院 教授)
  • 横須賀市教育委員会生涯学習課職員
時間 13:30-15:30
受講料 3,780円(全7回分・FW保険料含む)
定員 80人(抽選)
会場 生涯学習センター(まなびかん)他
メモ 【FW】の見学先は、見学先の都合により急きょ変更する場合があります 【FW】を含む講座では、不慮の事故に備え、傷害保険の加入が必須です(保険料は受講料に含みます)  ※手続きは、事務局が一括しておこないます 【FW】での交通費・入館料などは別途自己負担です 【FW】の実施時間は、通常の講座時間と異なる場合があります ■テキスト:『横須賀の文化財』(横須賀市教育委員会生涯学習課 1,500円)  ※テキストは各自でご用意ください。  ※市政情報コーナー(市役所本館2号館1階)で販売しています。  ※テキストの価格は、税込みです。
目的 横須賀市内の文化財について最新の情報、知識を得ることを目的とします。
おススメ情報 わが町、横須賀には多くの指定文化財があることを、ご存知ですか。横須賀について知り、郷土愛を更に深めましょう。
                
1 06/13(火) そもそも、、、文化財って何?
2 06/27(火) 石器~陶磁器まで 出土品の文化財
3 07/11(火) 横須賀の仏像
4 07/18(火) 【FW】 文化財保有の横須賀市内の寺へ参観予定
5 08/01(火) 近代化の躍動を体感できる文化財
6 08/22(火) 国指定有形民俗文化財「三浦半島の漁撈用具コレクション」
7 09/05(火) 最古も最新も?横須賀の史跡
予備日:9/19(火)、9/26(火)

up

12
西洋美術に見る死生観の歴史一般コース / 教養分野講義

未知なる世界の芸術表現

生きとし生けるものは必ず死ぬ運命にあります。また死後の世界の有無という話も古くして新しい問題です。この講座では、人類が「生の世界」から天国や地獄といった「死後の世界」を如何に表現してきたかを美術という切り口で各時代の死生観を見ていきます。

講師 ※敬称略 伊藤 淳(鎌倉女子大学 講師)
時間 13:30-15:30
受講料 5,100円(全10回分)
定員 120人(抽選)
会場 生涯学習センター(まなびかん)
目的 歴史的作品の「死」及び「生」のイメージを読み込むことによって、過去の人類の生き方を理解し、さらに混迷する現代社会にいる我々の生き方とは何か、ということを考える手がかりを学ぶことを目的とします。
おススメ情報 美術館などで死後の世界を題材とした作品を目にする機会が多くあります。その作品にはどんなメッセージが込められているのか。さまざまな時代の死生観を探ってみましょう。
1 06/05(月) 日本と西洋の死生観
2 06/12(月) 古代エジプト:あの世への指南テキスト『死者の書』
3 06/26(月) 古代ギリシャ:プラトンの「イデア論」と神話の楽園と冥府
4 07/03(月) 古代ローマ:皇帝の栄光と「ダムナティオ・メモリアエ(記憶の消却)」
5 07/17(月) 初期キリスト:天国への祈祷所「カタコンベ(地下墓所)」
6 07/24(月) 中世(1):キリスト教の教会制度と「メメント・モリ(死を憶えよ)」
7 09/04(月) 中世(2):長編叙事詩ダンテの『神曲』
8 09/18(月) 近世:ボランティアの慈善活動(病院、捨子院、同信会)
9 09/25(月) 近代:死後をめぐる宗教改革(免罪符、予定説)
10 10/02(月) 《最後の審判》と『ヨハネの黙示録』:死後のイメージの変遷
予備日:10/9(月)
13
井伊直虎とその時代一般コース / 教養分野講義

戦国時代を学ぶ

井伊直虎(本年度の大河ドラマの主人公)って誰、という感じですよね。実はこの人、戦国時代に実在した女性だったのです!!という訳で、この講座では、彼女の生涯を辿ると共に、戦国時代そのものについて学びます。

講師 ※敬称略 伊東 秀征 (元松蔭大学 教授)
時間 13:30-15:30
受講料 4,080円(全8回分)
定員 120人(抽選)
会場 生涯学習センター(まなびかん)
目的 井伊直虎の生涯を学び、戦国時代について理解を深めることを目的とします。
おススメ情報 時代に翻弄され、井伊家の領主となった直虎について、その時代背景について学びましょう。
1 06/06(火) 井伊直虎の生涯
2 06/20(火) 戦国大名と合戦―今川義元・織田信長など―(1)
3 07/04(火) 戦国大名と合戦―今川義元・織田信長など―(2)
4 07/18(火) 戦国大名と合戦―今川義元・織田信長など―(3)
5 08/01(火) 戦国大名と合戦―今川義元・織田信長など―(4)
6 08/29(火) 戦国大名と合戦―今川義元・織田信長など―(5)
7 09/05(火) 戦国大名と合戦―今川義元・織田信長など―(6)
8 09/19(火) 戦国大名と合戦―今川義元・織田信長など―(7)
予備日:10/3(火)
16
『古事記』を読み直す一般コース / 教養分野講義

古事記を一通り通読した人を対象に、古代の文献(日本書紀や万葉集など)を参照しながら、講師が60年間の古事記研究によって得た新知見を平易に説くことを試みます。

講師 ※敬称略 菅野 雅雄(古事記学会 理事)
時間 13:30-15:30
受講料 10,200円(全20回分)
定員 120人(抽選)
会場 生涯学習センター(まなびかん)
メモ ■テキスト:『古事記』倉野憲司 校注(岩波書店 960円+税 ※3/1時点 ISBN:978-4003000113)  ※テキストは各自でご用意ください  ※平成27年度市民大学の同講座と同じテキストを使用します
目的 古事記に関する新しい研究成果を平易に講じて、受講者の教養を高めることを目的とします。
おススメ情報 古典芸能が若い世代にも見直され、多くの世代が鑑賞するようになっています。鑑賞のポイントを学び、古典芸能をより身近なものにしましょう。
1 05/25(木) はじめに
2 06/01(木) 天地初発
3 06/15(木) 国生み
4 07/06(木) 天の岩屋戸
5 07/20(木) 国譲り
6 08/03(木) 天孫降臨
7 09/07(木) 古事記神話の特性
8 09/21(木) 神武天皇
9 10/05(木) 崇神天皇
10 10/19(木) 景行天皇
11 11/02(木) 倭武命
12 11/16(木) 神功皇后
13 12/07(木) 応神天皇
14 12/21(木) 仁徳天皇
15 01/11(木) 反正天皇
16 01/25(木) 允恭天皇
17 02/01(木) 雄略天皇
18 02/15(木) 継体天皇
19 03/01(木) 古事記の天皇
20 03/15(木) まとめ
予備日:8/31(木)、3/29(木)

up

18
古典芸能のいろは2一般コース / 教養分野講義

芸能のことばと舞台表現

能・文楽(人形浄瑠璃)・歌舞伎という三つの芸能について、それぞれの表現の魅力を、わかりやすく解説していきます。物語の内容と、それがどのように舞台上で表現されているかという「ことばと舞台表現」に今回は着目したいと考えています。

講師 ※敬称略 佐谷 眞木人(恵泉女学園大学 教授)
時間 10:00-12:00
受講料 5,100円(全10回分)
定員 120人(抽選)
会場 生涯学習センター(まなびかん)
目的 能・文楽・歌舞伎について、それぞれの芸能の特質を映像資料を用いてわかりやすく解説します。
おススメ情報 伝統芸能を鑑賞する上で大事なのは、舞台でどのようなことが表現されているかです。今回は古典芸能の「ことばと舞台表現」について学んでみましょう。
1 05/22(月) 能「羽衣」の内容と表現
2 05/29(月) 能「葵上」と『源氏物語』
3 06/05(月) 能「隅田川」と梅若伝説
4 06/12(月) 文楽の時代物と世話物
5 06/19(月) 文楽「心中天網島」
6 06/26(月) 文楽「妹背山婦女庭訓」
7 07/17(月) 上方歌舞伎と江戸歌舞伎
8 07/24(月) 歌舞伎の時代物と世話物
9 08/07(月) 河竹黙阿弥の世界1
10 09/04(月) 河竹黙阿弥の世界2
予備日:9/18(月)
19
風俗画と江戸の浮世絵一般コース / 教養分野講義

美術史研究の最前線から

第一線の専門家による最新の研究成果を織り込みながら、19世紀後半のヨーロッパでも絶賛された江戸期浮世絵の、造形上の特質や表現の意味、内容について多角的に考察を加え、短期集中で学習しましょう。

講師 ※敬称略
  • 内藤 正人(慶應義塾大学 教授)
  • 廣海 伸彦(公益財団法人出光美術館 学芸員)
  • 阿美古 理恵(国際浮世絵学会 事務局)
  • 渡邉 晃(公益財団法人太田記念美術館 主幹学芸員)
  • 山本 ゆかり(国際浮世絵学会 常任理事)
  • 森山 悦乃(公益財団法人平木浮世絵財団 主任学芸員)
  • 加藤 陽介(練馬区立美術館 学芸員)
  • 桑山 童奈(神奈川県立歴史博物館 主任学芸員)
時間 13:30-15:30
受講料 4,080円(全8回分)
定員 120人(抽選)
会場 生涯学習センター(まなびかん)
目的 江戸時代の風俗画、浮世絵の歴史を、その前史から幕末期に至るまで縦覧します。庶民を中心に愛玩された版画や絵画の名品を、主要な絵師の画業を概観しながら鑑賞すると同時に、美術史研究の成果を踏まえて学習することを目的とします。
おススメ情報 浮世絵は19世紀後半の欧州でモネなどに影響を与え、今でも世界中から高い評価を受けています。世界に誇る“日本の美術”について理解を深めましょう。
1 07/15(土) 江戸時代の浮世絵概観
2 07/16(日) 浮世絵以前 又兵衛と初期の風俗画群
3 07/22(土) 浮世絵の誕生 師宣と前期浮世絵
4 07/29(土) 浮世絵の展開 歌舞伎役者絵の成立と浸透
5 08/06(日) 西の浮世絵 祐信・雪鼎と京上方の好尚
6 08/12(土) 浮世絵の隆盛1 春信・歌麿の美人画開花
7 08/19(土) 浮世絵の隆盛2 北斎・広重の名所と花鳥
8 08/20(日) 幕末の浮世絵 活躍する国貞・国芳たち
予備日:8/13(日)、8/26(土)
20
TOEIC450点目標クラス一般コース / 就職支援分野実習

このクラスは、クラスレッスンと家庭学習を有機的に統合した即効性のあるものです。「Try it Yourself in English:自学自習の姿勢を身につける」で学力を向上します。ベテラン講師による文法、読解、リスニングの授業を行い、英語基礎能力アップ指導をしていきます。

講師 ※敬称略 佐藤 晴美(株式会社グローヴァ 専任講師)
時間 13:30-15:30
受講料 20,980円(全16回分)
定員 30人(抽選)
会場 生涯学習センター(まなびかん)
メモ ■テキストは市販されていません。テキスト代(4,500円)は、受講料に含まれます。  ※講座初回に配布します。 ■カリキュラムの記載内容については、L:Listening/G:Grammar/R:Readingです。
目的 TOEIC450点以上獲得を目指すことを目的とします。
おススメ情報 TOEIC200~400点は、目安として英検3級レベルとされています。英語力をアップするためにチャレンジしてみましょう。
                
1 06/03(土) L:短縮音を聴き取る/ G:基本の文型1/ R:メール
2 06/10(土) L:語と語のつながり/G:基本の文型2/R:お知らせ
3 06/17(土) L:語と語のつながり/G:時を表す/R:ニュース記事
4 06/24(土) L:脱落音/G:時を表す/R:報告書
5 07/01(土) L:大きな数の聴き取り/G:疑問詞を使いこなす/R:会社案内
6 07/08(土) L:聴き取りにくい数の聴き取り/G:助動詞/R:メール
7 07/15(土) L:様々な数の聴き取り/G:名詞の働きをする動詞/R:メール
8 07/22(土) L:スペリングの聴き取り/G:形容詞・副詞の働きをする動詞/R:ニュース記事
                
9 07/29(水) L:疑問詞の聴き取り/ G:比較の表現/ R:広告とニュース記事
10 08/05(水) L:時間や時刻の聴き取り/G:受動態/R:会社紹介
11 08/19(水) L:頻度・程度・時の聴き取り/G:関係代名詞/R:ニュース記事
12 08/26(水) L:動詞の時制をおさえる/G:名詞と冠詞/R:雑誌記事
13 09/02(土) L:英語のリズムをつかむ/G:前置詞/R:広告
14 09/09(土) L:英語を訳さずに理解する/G:接続詞/R:広告
15 09/16(土) まとめと総復習
16 09/23(土) MINI TESTとその解説
予備日:8/12(土)、9/30(土)

up

21
エクセル2010 MOS検定スペシャリストレベル(一般)対策講座一般コース / 就職支援分野実習

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験〔Excel2010スペシャリスト(一般)〕の合格を目指す講座です。MOSとは、マイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明できる資格です。パソコンを使った業務や作業の効率化、就職・転職時の実力アピールにも効果的です。スキルアップを目指しましょう!

講師 ※敬称略 山口 潤(TaxHouseパソコン教室北久里浜店 代表・講師)
時間 19:00-20:30
受講料 10,300円(全10回分)
定員 20人(抽選)
会場 生涯学習センター(まなびかん)
メモ ■テキスト:「Microsoft Office Specialist Microsoft Excel2010 対策テキスト&問題集」(FOM出版 2,000円+税 ※3/1時点 ISBN:978-4893118967)  ※テキストは各自でご用意ください。  ※平成26~28年度市民大学の同講座と同じテキストを使用します。
目的 エクセルのスキルを向上させ、MOSの取得を目指し、就職・転職に生かすことを目的とします。
おススメ情報 パソコンのスキルを形にしたい時にはMOS検定がおススメです。職場や就職・転職で実力をアピールしたい方はぜひどうぞ!
1 06/08(木) エクセル環境の管理
2 06/13(火) セルデータの作成
3 06/15(木) セルやワークシートの書式設定
4 06/27(火) ワークシートやブックの管理
5 06/29(木) 数式や関数の適用
6 07/06(木) 視覚的なデータの表示
7 07/11(火) ワークシートのデータの共有
8 07/20(木) データの分析と整理
9 07/25(火) 模擬試験(前半)
10 08/03(木) 模擬試験(後半)
予備日:8/8(火)
23
エクセル2010基礎一般コース / 就職支援分野実習

エクセル2010(表の罫線、カンタンな数式、グラフの作り方など)の使い方を学習しましょう。カレンダーやスケジュール、家計簿作りなどにも役立ちます。エクセルを使いこなして、もっとパソコンを楽しみましょう!

講師 ※敬称略 山口 潤(TaxHouseパソコン教室北久里浜店 代表・講師)
時間 10:00-12:00
受講料 6,180円(全6回分)
定員 20人(抽選)
会場 生涯学習センター(まなびかん)
目的 エクセルの基礎的な使い方を学習して、仕事や日々の生活の中にエクセルを生かしていくことを目的とします。
メモ ■テキスト:『よくわかる初心者のためのMicrosft Excel2010』(FOM出版 1,200円+税 ※3/1時点 ISBN:978-4893118400)  ※テキストは各自でご用意ください。  ※平成26~28年度市民大学の同講座と同じテキストを使用します。
おススメ情報 データを“わかりやすく”、“効果的に”理解するために必要なスキルが、表やグラフの作成です。仕事や生活の中にエクセルを生かしてみましょう!
1 06/11(日) エクセルの基礎知識
2 06/25(日) データの入力
3 07/02(日) 表の作成
4 07/09(日) グラフの作成
5 07/23(日) データベースの利用
6 07/30(日) 総合問題
予備日:8/6(日)

up


年間スケジュール

以下は予定ですので、詳細は募集要領・まなびかんニュース等でご確認ください。
募集開始 開催時期
さきがけ講座 終了 4月上旬~5月中旬
前期講座 追加募集中 5月下旬~翌年3月
夏期特別講座 7月上旬 8月
ジュニアカレッジ 7月上旬 8月上旬
後期講座 8月下旬 10月中旬~翌年3月

申込・結果通知

横須賀市市民大学はどなたでも受講できます。ただし定員を超え抽選になった場合は、横須賀市在住・在勤・在学の方が優先されます。「結果通知」はお申込の方全員に当落にかかわりなく郵送されます。
必須項目
  1. ご希望の講座番号・講座名(複数申込可)
  2. 氏名(フリガナ)・年齢・性別
  3. 〒住所
  4. 電話番号(携帯電話可)
  5. まなびかん受講カードの番号(お持ちの方のみ)
  6. 託児希望の有無 ※完全予約制・有料(希望者のみ)
詳しく見る

これは便利!

学習室の開放

お昼の時間帯に会場を開放!
  • 12時~12時50分までを昼食会場として学習室を開放します。
  • 対象となる日は、大学習室、第1学習室、第2学習室で10時~16時に実施される市民大学講座がある日
  • ゴミは各自でお持ち帰りください
  • 開放時間は、当日の講座状況により前後する場合があります。

お近くのコンビニエンスストアで受講料のお支払いができます

皆さまのご要望にお応えし、利便性の向上を図るためコンビニエンスストアでの受講料等のお支払いができるようになりました。
  • 休日・夜間もOK
  • これまで通り、郵便局・来館でもお支払いができます

聴講生制度

対象講座の希望回当日のみ聴講することができる制度です!受けたい回のみ聴講可能。

  1. 生涯学習センター4階受付にて「希望講座、氏名、電話番号(受講カードをお持ちの方はカード番号と氏名)」を用紙に記入。当日参加の聴講料として600円をお支払い
  2. 「領収書・聴講生プレート・アンケート」を受け取り会場へ
  3. 会場内の職員に「聴講生プレート」を提示し入場
  4. 講座終了後、「聴講生プレート」を職員に返却
受付方法 対象講座の講座当日、4階受付にてお申込ください(先着順)。
※講座日程は募集要領等でご確認ください
受付時間 講座開始30分前~講座開始まで
聴講料 600円(1回あたり)/当日徴収 ※聴講料の返金はできません
注意事項 日程・内容等は急きょ、変更になる場合があります

「学び」を通じて地域づくりや生涯のきっかけづくりに。

横須賀市生涯学習センターを市民大学講座の校舎として位置づけ、「教養を高める講座」、「郷土の歴史・文化を学ぶ講座」、「現代的課題・地域学講座」などの各種講座を年間約50講座を開催しています。一般教養の講座以外に「資格取得・職業能力向上」につながる講座も積極的に組み入れ、職業能力向上の支援も行っています。前期講座は3月下旬~4月中旬、後期講座は8月下旬~9月中旬に受講生を募集します。


up